カテゴリ:ビブリオ( 3 )

子猫殺しタヒチの地獄

前回のブログに対して、友人のRAVENから意見が来た。

つくづく同感。ほんと墓に持っていけばよかったのに…くうためのネタにしてるところが痛い。

本当に哀しみを引き受けるならせめて文字通り喰うべきだったんじゃないかと思う。自然のさだめと命を大切にしたいと言うならば。この星はそうやって命を循環させてきたんだし
さらに痛かったのはあの記事に対する感情的な書き込み。
おいらは改めてネットという自分のことばに下調べも責任も伴わないメディアの歪さを痛感した。覆面でかきこんでる本人は水洗便所感覚なんだろうけど汲み取り不能だよなぁ…ネットって

他のものを愛玩扱いすること自体歪で不妊の強制もその延長にある その歪さをきちんと受け止めてる人ならば
安易な批判や猫ちゃん可哀相~みたいな単純で歪な発言もまた控えてるんだなと色んな痛い書き込みを見てシミジミ思っちゃった

やはり「家畜人ヤプー」は教科書に載せるべきなのかも(笑)
あ 不用意な煽りになってたらごめん
サクッとデリってくださいまし




>本当に哀しみを引き受けるなら、
>せめて文字通り喰うべきだったんじゃないかと思う。


うわー、ドキッとした!

それいいね!

奇行として売り物にするなら、
ある意味そのレベルでないとなぁ。
でも、それが実際にできるのは、
現代作家では柳美里ぐらいかとも思うけど。



>さらに痛かったのはあの記事に対する感情的な書き込み。
>他のものを愛玩扱いすること自体歪で、
>不妊の強制もその延長にある。
>その歪さをきちんと受け止めてる人ならば、
>安易な批判や猫ちゃん可哀相~みたいな、
>単純で歪な発言もまた控えてるんだな、
>と色んな痛い書き込みを見てシミジミ思っちゃった。


そうなのよ。

この行為に反発する気持ちはあっても、
それは単純に「猫ちゃん、かわいそう」だからではない、
ということを言いたかったわけで、
こういう日記になったわけです。



俺も猫は飼っているわけで、
猫飼いとしてのモラルというのは自分自身にもあるけれど、
なんつーかソレを押し付けても仕方がないな、と。

世界中の可愛そうな猫を、全部面倒見てやる覚悟がなければ、
逆に、他所の飼い主の文句なんか言ったところで、

「アタシってなんて優しくていい人!」

みたいな、自画自賛でしかなかったりするんだよね。

所詮は、猫なわけで。



実は、我が家の猫がひとり、癌になってしまって、
それがかなり悪性なわけです。

一応患部は切除したけれど、
病理の結果は、超悪性という診断で、
既に転移の気配もあったりして、
ニントモカントモニンニンなわけですよ。



でも、うちもまず人間様が食べていかなけりゃならんわけで、
放射線治療も抗がん剤投与も、
やってやりたい気もするが、とても予算が追いつかんのが現状。

「プロポリスでもあげよっか。アガリスクは高すぎるし」
「でも、酸っぱくて食べたがらないよ。猫にはソレも苦痛」

みたいなわけで、そこらへんの取捨選択は、
動物飼ってりゃ、多かれ少なかれあるわけです。



それが彼女においては「避妊」か「子猫殺し」か、
というだけの話で、人間の子ども捨てる親だっているんだから、
猫捨てるやつがいたって、まぁ、そんなもんだろ、
って話なんです。

子猫殺すのは別に大したことじゃない、って言ってるわけではないですよ。

でも、北朝鮮では人が飢えて死んでるし、
日本でだって人間が監禁されたり、レイプされたりしてるんです。

悲しいけど、そういうことで、いちいちヒートアップできるほど、
僕たちは王侯貴族じゃない。

暇じゃない。

怒りは感じても、その怒りを面に表す責任が持てないんだ。



でも、だからこそ、
「子猫殺し」のような行為を、さも衝撃的に、エッセイで書いてみせて、
自分のオマンマの種にしようってあたりが、
直木賞作家にしては、あまりに無配慮で浅薄であざといし、
それに乗せられる猫バカたちも、一体どうなのよ?
といわざるをえないんですよね。

北方領土で、日本人が撃ち殺されてるこの時期に!!!



あと、今回最も罪深い人間は、もしかしたら、
この掲載に許可を出した日経新聞及びその編集者ですよ。

こんな民衆を煽りたいだけの、
内容のない文章の掲載にGOを出したのは、偏に、

「直木賞作家の原稿にケチをつけるわけにはいかん」

という新聞の編集に携わるものとしてあってはならない、
弱腰な編集態度だと思うんですよね。



坂東眞砂子氏が、

「猫が嫌がるから、避妊はしない。
 雌猫は雌猫としての性を全うするがいい」

と言っているのと同様に、

「先生が嫌がるから、否認しない。
 作家は作家としての生を全うするがいい」

と言っている、二重構造なんですな。




ま、こんな編集が担当なら、作家も作家だよな、
という部分で、やっぱどんなに偉い先生でも、
書いたまま載せればいいというなら、
編集そのものの存在が必要ないじゃないの、
という世界じゃないですか。



ということになるなら、逆に、
猫にとっての飼い主としての坂東眞砂子は、
必要ない、ということを示しているのも同然なわけで。



なんともかんとも、無意味なひと幕でござんしたなぁ……。
[PR]
by scafloc | 2006-08-24 10:30 | ビブリオ

ソノラマ文庫、デビルマン、鉄拳5、仮面ライダー響鬼

本日は、ソノラマ文庫の人と偶然会う。

『クラッシャージョウ』から始まって、かなりのソノラマっ子である私。
『キマイラ』や『ヴァンパイアハンター』について、
必要以上に熱く語ってしまった。



今日明日は忙しくて、せっかく届いているミクロマン=デビルマンや、
この間購入したディータを開封できそうにない……。



鉄拳5に興味があります!
できればフィギュアで作ってみたいなぁ。
お気に入りはクリスティ・モンテイロニーナ・ウィリアムズデビル仁とあと風間飛鳥……、って、ほとんど女の子ばっかりですね。スンマセン。
c0001068_0252674.jpg
とくに、クリスティが好きです。
やっぱわかりやすくエロいコが好きです。



『仮面ライダー響鬼 Preview Issue』を読む。
『555-ファイズ-』はお気に入りだったが、ブレイドはスーツの造形のみならず主人公の男の子のルックスも含めて、あまりお気に入りではなかったのですが、響鬼はハマるかもしれない……。

仮面ライダー響鬼

最後の冒険者に戻る
[PR]
by scafloc | 2004-12-20 22:29 | ビブリオ

超本格魔法少女りすか

西尾維新の『超本格魔法少女りすか』を読了。

日曜日に思わずジャケ買いした新中間小説である。
新本格魔法少女りすか ( 著者: 西尾維新 | 出版社: 講談社 )
↑楽天ブックス



新中間小説っていうのは、俺が勝手に命名したのだが、
ジュニア小説(ライトノベルとかジュニアノベルとか言われている奴)と、
きちんとした大人が読めるものの中間のものを指す。

新中間小説の代表は、夢枕獏の『キマイラ』シリーズと、
菊池秀行の『ヴァンパイアハンターD』シリーズ,
ということにしておく。

で、肝心の『~りすか』なのだが、
現実に魔法使いがいて……というのが、この小説の基本設定で、
主人公は魔法を使えない普通の小学5年生キズタカ(このセンスもちょっと……)。

そして、キズタカが有す“大いなる目的”のための、
有用な、それでいて手に負いきれない“駒”として、
ほぼ常に随行するのが、タイトルのりすかこと水倉りすか。
この二人を中心に、様々な事件が巻き起こるのだが……。

最初あまりの文体の読みづらさに閉口したものの、
読み進むにつれて、まぁ、それにも慣れていき、
新感覚とか今までにないとかっていう感じはあまりしなかったけど、
それなりに楽しむことができた。

でも、やっぱり納得はいかない。
特に主人公がいけない。
公衆電話もまともにプッシュできないくせにえばりすぎで気持ち悪い。
病的(というより完全な精神病級)な自意識過剰だし。

作者も81年生まれ(ギャー、若い!!!)だから、
けっこう現代の生意気な子供の心理を正確に捕らえてるかもしれない
(そんなこともないかもしれない……)けど、
俺も“生意気な子供”としたら、一目を置かれる生意気さだったが、
キズタカほどに常軌を逸してなかったなぁ。

読後の印象はよくないのだが、
つまらないとは思わない。
集中して一気に最後まで読んだのも事実。
でも、断じて、この小説が好きであるとはいえないのも正直な気持ち。
しかしながら、続編が出たらまた読むであろうことも間違いなく……。
なんとも微妙な一編……

でも、文句なく挿絵はグッドなのです。
装丁の絵も素敵だし。
少し“ピーキー魔法使い”の設定としては、
ステロタイプなりすかちゃんだが、
そのルックスは魅力的なので、
もう少しフィギュア改造の腕が上がったら、
ぜひ挑戦してみたい素材だなぁと思いました。

って、読んでいない人には、まるでわからない内容だよね。
ま、レビューじゃなくて日誌ですから、姦淫……じゃなかった堪忍してください

と、以上の文を読み返していたら、
「魔法少女」とか、「それをフィギュア」だとか、とどめに「姦淫」だとか、
自分が書いてるものとはいえ、読んでて寒くなりました……。

……寒ぅ!!!

あと、昨日の続きではないが、ワ●イから麻雀の誘いが来る。
やっぱ持つべきもの、というか、持っていて楽しいのは、悪い友達である。

最後の冒険者に戻る
[PR]
by scafloc | 2004-12-02 04:28 | ビブリオ