カテゴリ:ラブ( 4 )

ほぼ反論無い

「男性が女性のすっぴんを見て「好きになっちゃう」瞬間4つ」
http://www.men-joy.jp/archives/76641

バチ! っとメイクが決まって(濃いぃということではなく)、「わ! 惚れ直すわ」ということはあれど、「すっぴん……けっこうええね!」って、一体どういうシチュエーションで起きるのだろう?
※それについて解説しているのがこの記事↑なんだけどね。



で、よくよく読んでみれば、「既に普段の顔(メイク済み)で、興味を持った」こと前提の記事なんですわ。

メイク済みの顔に興味ないのに、純粋に「すっぴんは?」って興味が湧くのって、デーモン閣下とか、鳥居みゆきさんとか、そんなんにおいてだけの話だけでしょう。※あと鉄拳さんとか。

とすると、坂上忍さんが言う、「顔が玄関」とか、「ビジュアルから付き合って、心の中に興味を持つのはそれから」とかの話ってのも、至ってよくわかる話で、仕事での付き合いならともかく、こと「個人的に男女の関係でのお付き合い」に関してなら、「ブスとも付き合いたい」って思うことは、決してないと思うんですよねw。

じゃ、「ブスは外に出るな」とか、「手で飯を食え」って話においては、これはテレビ的に誇張されてる部分であって、あの「病的潔癖症・坂上忍」のギミックの延長線上にあるものでしかないわけです。出ているのがバラエティって言っても、彼は超ベテランの役者で、大久保さんやその他の女(?)芸人に関する口撃にしたって、それは彼の「役者」としての部分から出ている話だとまず思った方が正解なんじゃないかと考えます。

で、例えば、スタジオで横に座ってるアイドルやら二世タレントに嫌われた風を装っていても、そういう風に演じきった/演じきれたことが、彼にとってのホマレであって、それで観ていた視聴者が興味を持つなり、面白がってくれれば、彼はタレントとして「ちゃんと仕事をした」ってことなんだと思いますよ。

っていうか、そもそも最近の大久保さんを見て、「キレイになりましたね」なんて言えるだけ、彼の審美基準なんて、その場の状況でどうでも言いつくろえる程度のものだし、そもそも、みんな自分の趣味というやつがあって、それが社会的一般的価値基準にどう沿っているか、なんて検証しようもないし、してもめんどくさいだけなわけですよ。

というか、例え「ブス」であったとしても、「君は美しい」って言って付き合うのがマナーというかエチケットなわけです。「ブサイクだけど性格がいい。だから君と付き合ってくれ」って言われて喜ぶ女性なんかいますか?

どんなブスにも可愛いところはチョコチョコあったりして、「ああ、どうにかなりてぇな」って思う時には、そのチョコチョコを全面肯定してアタックするもんですよ、男は。女子だってそうちゃいまっか?

「全面的に完全な美男/美女」がなかなかおらんのと同じように、「完全無欠のブス」もまぁあそうそうはいません。で、それぞれ個人的な価値基準の中で、「あんまり綺麗すぎると実在感なくて恋愛対象にならんわ」言われて、「負け美女」なんてものも生まれるわけですから、自分が異性とお付き合いする範囲で、「俺は美人としか(ワタシは美男としか)付き合わない!」って言うのは、至極まっとうなことやと思います。



ということで、条件付きで、僕は坂上忍さん肯定派ですよ、っていうか、否定のしようがあまりない(笑)。

そんな坂上忍のことをもっと知りたかったら、この本がオススメです。
『人間コク宝』
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%82%B3%E3%82%AF%E5%AE%9D-%E5%90%89%E7%94%B0-%E8%B1%AA/dp/4877347585


NMB48みるきーも半べそ。坂上忍「女は顔だ!」発言に賛否。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=103&from=diary&id=2336190
c0001068_0171545.jpg
[PR]
by scafloc | 2013-02-25 18:50 | ラブ

サバンナにこぼれた血の色は…

ライオンの牝は、
シマウマの雄には目もくれない。

でも、シマウマは、
いつでもライオンが気になるのだ。

食い殺されたくないからじゃない。

恋してるからだ。

いや、むしろ、
いっそ食い殺されたいかもしれない。

愛しいライオンに食い殺されて、
自分の真っ赤なハラワタが、
サバンナの大地に引きずりだされて、
吹き抜ける風と、
大型猫科動物特有の、
ヤスリのようにざらつく舌の感触を、
肋骨の裏側で直接感じながら、
冷たくなっていく身体で、
シマウマはゆっくりと悶えるのだ。



悦びで!
[PR]
by scafloc | 2006-08-02 01:00 | ラブ

賢者の口説き文句

ミトラ教やマニ教のことを調べていて、 面白いことを知った。



なぜか、アレクサンダー大王は両刀だった、 という有名な伝説を経由して、
「少年愛」の記述にぶち当たったのだ(笑)。



アレクサンダー大王の家庭教師は、 ご存じのごとくアリストテレスなわけだけど、
当時のギリシャは、教育の一環として、 経験ある年長男子と、将来ある少年との、 性的交渉を推奨していたというのだよ。



今風に言えば、プロ野球選手が、 リトルやってる子どもに、
文字通り、「手取り足取りなんでも教える」 ことで、立派な野球人を育成する、
といった感じか?



ま、ギリシャの場合、野球じゃなくて、 軍事なんですけどね(笑)。

都市国家の男子市民は、全員プロの戦士であり、
(一応言っておくけど、市民じゃない奴隷もたくさんいたことは覚えておいてね。つまり住人全員ではないよ)
結婚して子をなすようになったら、 積極的に、余所の息子さんを、
「手取り足取り教えなさいな」
ということが、 スパルタあたりでは、明文化した法律で、 存在していたというのよ(笑)。



で、
皆で「良き市民」を育成するわけだけど、

やっぱ、

「どうせやるなら可愛い男子がいいよな」

ってなもんで、全市をあげての 美少年争奪戦が展開された模様(笑)。



そんなかでも、名うてのプレイボーイとして、 一名を馳せたのは、

あのソクラテス!

「しびれエイ」の仇名を駆って、 その鮮やかな弁舌で、 数々の美少年をオトしたらしいです(笑)。



その口説き文句でもキワメツケは、

「僕はキミの容姿じゃなく、その精神こそを愛す」

というものらしい(笑)。



アテナイの神託にて、「世界一の大賢者」、 と謳われたソクラテスは、

現代日本の価値観で言えば、 福山雅治と坂本龍馬を足して、
2で割らなかったぐらいの国民的大スター、

っつーか神!



そんな人に「精神が好き!」なんて言われたら、 長澤まさみでもイチコロかもね。

って、長澤まさみは美少年ではないから、この例は適当ではないな。

あれか? 山Pぐらいにしておきますか?







でも、気になるのは、

若いみぎり、似たような口説き文句を、 俺も使ったような気がしてさ(笑)。



なんだ、口説き文句なんて、 紀元前から大して進化してないんだなぁ、

と思って、なんだか苦笑い…(笑)。



ま、当然俺自身は「しびれエイ」どころか、 自分で内蔵吐いてひっくり返る、
「腐れナマコ」 みたいなもんでしたがね!(笑)



でもさぁ、別に、落とせなくてもいいし、 誰にも使わなくていいからさ、
ン千年後の未来の人類として、 革命的な、誰も使ったことのない、
口説き文句の一つぐらい、 編み出してみたいものですよ!(笑)



どうですか? 男子(戦士)諸君!?(笑)
[PR]
by scafloc | 2006-07-16 23:29 | ラブ

I want you

「心が欲しい」と言われて……。



アナタならどうしますか?



私の場合、

心はあげられない。



心は既に、別れてしまったあの女のところに、
置いてきてしまったから。



体は?

「おれな… 心は… あいつの所に置いてきてしまったんだ…
 だから…  もうすぐ 役には…立たなくなっちまうけど…
 これでよければ…お前に…やるよ…  
 この体… おまえに… 」

かつて『OZ』において、ムトーはそう語った。



でも、私は?

私は体もあげられない。



体も含めた現実的な人生の全ては、
妻に捧げてしまったから。



では、なんならあげられるの?



気持ち。

気持ちだけだ。



お前のことが好きだという、その気持ちだけなら、
いくらでも与えたい。



今日のひとこと

「    麦畑が広がっている… 

         一面の金色の帯―
     
      19の…髪の色だ…  
      





      ああ… 
          きれいだ…     」
[PR]
by scafloc | 2005-07-07 14:33 | ラブ