子猫殺しタヒチの地獄

前回のブログに対して、友人のRAVENから意見が来た。

つくづく同感。ほんと墓に持っていけばよかったのに…くうためのネタにしてるところが痛い。

本当に哀しみを引き受けるならせめて文字通り喰うべきだったんじゃないかと思う。自然のさだめと命を大切にしたいと言うならば。この星はそうやって命を循環させてきたんだし
さらに痛かったのはあの記事に対する感情的な書き込み。
おいらは改めてネットという自分のことばに下調べも責任も伴わないメディアの歪さを痛感した。覆面でかきこんでる本人は水洗便所感覚なんだろうけど汲み取り不能だよなぁ…ネットって

他のものを愛玩扱いすること自体歪で不妊の強制もその延長にある その歪さをきちんと受け止めてる人ならば
安易な批判や猫ちゃん可哀相~みたいな単純で歪な発言もまた控えてるんだなと色んな痛い書き込みを見てシミジミ思っちゃった

やはり「家畜人ヤプー」は教科書に載せるべきなのかも(笑)
あ 不用意な煽りになってたらごめん
サクッとデリってくださいまし




>本当に哀しみを引き受けるなら、
>せめて文字通り喰うべきだったんじゃないかと思う。


うわー、ドキッとした!

それいいね!

奇行として売り物にするなら、
ある意味そのレベルでないとなぁ。
でも、それが実際にできるのは、
現代作家では柳美里ぐらいかとも思うけど。



>さらに痛かったのはあの記事に対する感情的な書き込み。
>他のものを愛玩扱いすること自体歪で、
>不妊の強制もその延長にある。
>その歪さをきちんと受け止めてる人ならば、
>安易な批判や猫ちゃん可哀相~みたいな、
>単純で歪な発言もまた控えてるんだな、
>と色んな痛い書き込みを見てシミジミ思っちゃった。


そうなのよ。

この行為に反発する気持ちはあっても、
それは単純に「猫ちゃん、かわいそう」だからではない、
ということを言いたかったわけで、
こういう日記になったわけです。



俺も猫は飼っているわけで、
猫飼いとしてのモラルというのは自分自身にもあるけれど、
なんつーかソレを押し付けても仕方がないな、と。

世界中の可愛そうな猫を、全部面倒見てやる覚悟がなければ、
逆に、他所の飼い主の文句なんか言ったところで、

「アタシってなんて優しくていい人!」

みたいな、自画自賛でしかなかったりするんだよね。

所詮は、猫なわけで。



実は、我が家の猫がひとり、癌になってしまって、
それがかなり悪性なわけです。

一応患部は切除したけれど、
病理の結果は、超悪性という診断で、
既に転移の気配もあったりして、
ニントモカントモニンニンなわけですよ。



でも、うちもまず人間様が食べていかなけりゃならんわけで、
放射線治療も抗がん剤投与も、
やってやりたい気もするが、とても予算が追いつかんのが現状。

「プロポリスでもあげよっか。アガリスクは高すぎるし」
「でも、酸っぱくて食べたがらないよ。猫にはソレも苦痛」

みたいなわけで、そこらへんの取捨選択は、
動物飼ってりゃ、多かれ少なかれあるわけです。



それが彼女においては「避妊」か「子猫殺し」か、
というだけの話で、人間の子ども捨てる親だっているんだから、
猫捨てるやつがいたって、まぁ、そんなもんだろ、
って話なんです。

子猫殺すのは別に大したことじゃない、って言ってるわけではないですよ。

でも、北朝鮮では人が飢えて死んでるし、
日本でだって人間が監禁されたり、レイプされたりしてるんです。

悲しいけど、そういうことで、いちいちヒートアップできるほど、
僕たちは王侯貴族じゃない。

暇じゃない。

怒りは感じても、その怒りを面に表す責任が持てないんだ。



でも、だからこそ、
「子猫殺し」のような行為を、さも衝撃的に、エッセイで書いてみせて、
自分のオマンマの種にしようってあたりが、
直木賞作家にしては、あまりに無配慮で浅薄であざといし、
それに乗せられる猫バカたちも、一体どうなのよ?
といわざるをえないんですよね。

北方領土で、日本人が撃ち殺されてるこの時期に!!!



あと、今回最も罪深い人間は、もしかしたら、
この掲載に許可を出した日経新聞及びその編集者ですよ。

こんな民衆を煽りたいだけの、
内容のない文章の掲載にGOを出したのは、偏に、

「直木賞作家の原稿にケチをつけるわけにはいかん」

という新聞の編集に携わるものとしてあってはならない、
弱腰な編集態度だと思うんですよね。



坂東眞砂子氏が、

「猫が嫌がるから、避妊はしない。
 雌猫は雌猫としての性を全うするがいい」

と言っているのと同様に、

「先生が嫌がるから、否認しない。
 作家は作家としての生を全うするがいい」

と言っている、二重構造なんですな。




ま、こんな編集が担当なら、作家も作家だよな、
という部分で、やっぱどんなに偉い先生でも、
書いたまま載せればいいというなら、
編集そのものの存在が必要ないじゃないの、
という世界じゃないですか。



ということになるなら、逆に、
猫にとっての飼い主としての坂東眞砂子は、
必要ない、ということを示しているのも同然なわけで。



なんともかんとも、無意味なひと幕でござんしたなぁ……。
[PR]
by scafloc | 2006-08-24 10:30 | ビブリオ
<< ディスカスに負けた…… 子猫殺し >>